カカオの香りがイイ!集中力アップ!
Chocolate Memo
大好評の手作りチョコレシピ

チョコレートとバレンタインデー

スポンサードリンク

2月14日のバレンタインデーは、日本では特に女性にとっては特別な日ですよね。手作りのチョコレートに自分の想いを託して、好きな人に渡す人も多いはず。日本と海外では、バレンタインデーの風習に、どんな違いがあるのでしょうか。

聖バレンタインの日

今や、すっかり年中行事の一つとしてお馴染みになったバレンタインデーですが、皆さんはその由来を知っていますか?バレンタインデーを英語に訳すと、『聖バレンタインの日』ということになります。キリスト教には“聖人暦”があり、宗派によって違うものの、1年365日全部に聖人の名前が付けられています。その中で、2月14日は聖ヴァレンティヌスの日とされています。(バレンタインは、英語読み)

愛の告白をする日

ヴァレンティヌス

西暦3世紀のローマで、皇帝クラウディウス二世は軍隊をより強くするために、若い兵士たちの結婚を禁止していました。
キリスト教の司祭だったヴァレンティヌスは、そんな若者たちを気の毒に思い、皇帝の命令に背いて多くの兵士たちを結婚させたのです。
すると、皇帝が激怒し、ヴァレンティヌスは処刑されてしまいました。その日が西暦269年2月14日でした。
以来、2月14日には彼の死を悼む行事が行われていましたが、14世紀頃からは、徐々に愛を告白する日へと変わっていきました。これは、愛情深かったヴァレンティヌスにちなんでのことだと言われています。

日本のバレンタインデー

恋人や夫婦同士で、お互いの愛を確かめ合うバレンタインデーの風習は、日本ではいつ始まったものなのでしょう?それは、1936年のことです。アメリカ人の記者から欧米の習慣を聞いた神戸のチョコレート店モロゾフの当時のオーナーは、英字新聞に「バレンタインデーにはチョコレートを贈りましょう」という広告を載せました。これが、日本でのバレンタインデーの風習の始まりとされています。

本格的な始まり

バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る風習が人々に浸透しはじめたのは、1960年頃からのことです。各お菓子メーカーも、積極的にチョコレートを販売するようになりました。その後、ハート形などデザインにも趣向を凝らした様々なチョコレートが作られるようになったのです。

海外のバレンタインデー

近年ではチョコ以外のプレゼントだったり、友人同士だったり色々なスタイルがあるとはいえ、日本では基本的にバレンタインデーは女性がチョコレートを贈るという考えですよね。
ここで、海外のバレンタインデーの風習を少しだけ紹介することにしましょう。
イタリアと韓国では、一般的に日本と同様に女性から男性へ、一方のアメリカやイギリス、フランス、中国では男性から女性へ贈り物をする習慣があります。

イタリア

バレンタインデーの風習が誕生した地でもあるイタリアでは、恋人や夫婦間で愛を確かめ合うお祭りの日として、プレゼント交換を行います。バラの花束をはじめ、アクセサリーなどの貴金属類を贈るのが一般的です。そのほか、バレンタインデーにはお互いの親を紹介しあう恋人たちもいるんだとか。


韓国

韓国でも日本と同様、基本的には女性が男性にチョコレートを贈ります。ホワイトデーもある韓国ですが、独自のものとして『ブラックデー(4月14日)』なる面白い日があります。このブラックデーには、バレンタインデーやホワイトデーに縁がなかった男女が集まり、黒いジャージャー麺を食べるそうです。


アメリカ/イギリス

アメリカやイギリスでも、バレンタインデーは男性から女性に愛の告白をする日とされています。日頃の想いを伝えて、花束を贈ります。また、イギリスでは未婚の男性は、好きな女性に自分の名前を伏せて花束を贈ります。当日の新聞に有料でメッセージを載せることができるため、愛の告白で埋めつくされるページがあるそうですよ。


フランス

予約したレストランで男性が女性に花束を渡し、お互いの愛を確かめ合うのがフランス流のバレンタインデーです。多くのレストランでは、バレンタインデーの特別メニューが用意されています。


中国

中国でバレンタインデーは『情人節(チンレンチエ)』と呼ばれ、男性から女性にバラの花束を贈るのが定番になっています。贈るバラが1輪なら“あなただけ”、11輪なら“一途な想い”という意味が込められています。


スポンサードリンク