チョコレートダイエット
チョコレートの食べ方

チョコレートの成分と栄養

スーパーやコンビニなどでカカオ80%とかポリフェノール効果などと表示されているチョコレートをたくさん見かけます。そういうチョコレートはお菓子というよりも栄養補給食品という感じがしますね。チョコレートを効果的に食べるためにも、どんな成分が含まれていて、それらの栄養は私たちの身体にどうプラスに働きかけるのかを知ることが大切です。

| チョコレート | チョコレートの種類 | ビターチョコレート | ホワイトチョコレート | ミルクチョコレート | 生チョコレート |

| チョコレートの食べ方 | チョコレートダイエット | チョコレートの成分(栄養) |

| チョコレートのレシピ | チョコレートケーキ | チョコレートムース | チョコレートフォンデュ |

チョコレートの成分と効果

みなさんはチョコレートを買う時にパッケージに記載されている成分表示を見ますか?ほとんどの人が気にとめないのではないかと思います。ですが、この表示にチョコレートパワーの秘密が書かれているんですよ。早速、成分と効果を挙げてみます。

ポリフェノール

チョコレートの原材料であるカカオにはポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールは活性酸素を除去する働きがあり、生活習慣病の予防に効果的と言われています。

テオブロミン

大脳を刺激して集中力や記憶力、思考力を高め、やる気が出てきます。カフェインと同じようなものですが、カフェインも興奮作用が緩やかですね。また、自律神経を調節する作用もあるので、リラックス効果も期待できます。

ブドウ糖

その脳にとっての唯一の栄養素がブドウ糖です。脳の働きをよくするエネルギー源となるだけでなく、脳の神経伝達物質・アセチルコリン生成の手助けもします。

食物繊維

チョコレートの特徴は食物繊維が豊富なこと。板チョコレート1枚には約2gの食物繊維が含まれているんですよ。便通を改善し、肥満防止や大腸ガン予防に効果的です。

ビタミン・ミネラル類

チョコレートには脳の代謝に必要な栄養素のビタミンEやナイアシンなどのビタミン類や、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。また、カテキンやアントシアニンなどもボケ防止に効果があるとされています。

カカオ豆の主な栄養成分

チョコレートに食物繊維やミネラルが多く含まれていることは、すでに書きました。ここで、もう少し詳しくチョコレートの原材料・カカオ豆の成分について紹介しようと思います。

カリウム

含有量はカカオ豆100g中745mg。マグネシウムと並び、特に多く含まれています。ナトリウムの排出を促す働きがあり、塩分の摂り過ぎで生じる高血圧や脳卒中を防ぎます。

マグネシウム

含有量はカカオ豆100g中356mg。骨の成分や神経調整作用があります。

カカオ豆100g中2.8mg含まれています。鉄が体内で利用されるのを助けたり、骨や血管を強くする働きがあります。

亜鉛

カカオ豆100g中5.4mg含まれています。タンパク質を作り出したり、代謝に関わって発育を促したりします。また、味覚や嗅覚を正常に保つ働きがあります。

カカオ豆100g中4.2mg含まれています。赤血球のヘモグロビンを構成するために不可欠な成分です。貧血に効果的ですよ。

食物繊維

カカオ豆には4種類の食物繊維が含まれています。その内訳は、リグニン(52.9%)、ヘミセルロース(23.7%)、セルロース(15.7%)、水溶性難消化性多糖類(7.7%)となります。一番多いリグニンは、便通の改善、胆汁酸や発ガン物質の吸着などの効果があると言われています。

世界のチョコレートの年間消費量

世界では一体どのくらいの量のチョコレートが食べられているのでしょうか?世界の主要国の一人あたりのチョコレートの年間消費量(2004年現在)を調べてみました。

ちなみに日本は主要19カ国中で18位。年間の消費量は1.84kg程度と少ないです。

ページの先頭へ
Copyright 2012 チョコレートメモ All Rights Reserved.