チョコレートの成分と効能
チョコレートダイエット

チョコレートの食べ方

みなさんは、これまで自分のチョコレートの食べ方を気にしたことがありますか?せっかく好きなチョコレートを食べるなら、おいしく食べたいと誰もが思いますよね。世界には、どんなおいしい食べ方があるのでしょう?また、虫歯にならないための食べ方なんてあるのでしょうか?食べ方については新しい発見も多そうです。ただ欲求を満たすためだけではなく、健康にも効果的なチョコレートの食べ方ができたらいいですね。

| チョコレート | チョコレートの種類 | ビターチョコレート | ホワイトチョコレート | ミルクチョコレート | 生チョコレート |

| チョコレートの食べ方 | チョコレートダイエット | チョコレートの成分(栄養) |

| チョコレートのレシピ | チョコレートケーキ | チョコレートムース | チョコレートフォンデュ |

チョコレートのおいしい食べ方

チョコレートのおいしい食べ方の基本的なポイントを紹介しましょう。「なぁ〜んだ、こんなこと?」と思うかもしれませんが、普段は案外気にとめていないことが多いんですよ。チョコレートをおいしく食べるために、こういう基本的なことが大切です。

チョコレートの賞味期限

チョコレート特有の香りや滑らかさは開封していなくても時間が経てば経つほど劣化していきます。また、開封後はさらにそのスピードは速まります。チョコレートは一般的に水分が少ないのでカビが生える心配はありませんが、出来立ての風味を損なわないためにも市販のものは出来るだけ賞味期限内に、手作りのチョコレートも早め早めに食べて下さいね。

チョコレートの保存方法

チョコレートは高温に弱い食べ物です。みなさんもチョコレートを高温の場所に置いておくと表面が白っぽくなるのを見たことがあるのではないでしょうか?これは「ファットブルーム」と呼ばれる現象です。それともう一つ、冷やしてあったチョコレートを急に温かい場所に移したりすると、結露のような状態になります。そうすると砂糖の結晶が固まって「シュガーブルーム」という現象が起こります。別に食べても何ともありませんが、ブルーム現象が起こったチョコレートの風味は損なわれます。

冷たいチョコレートは室温に戻して

チョコレートをよりおいしく食べるための方法として、冷蔵庫から出してすぐではなく、少しだけ室温に戻してから食べることをおすすめします。カカオの香りがいっそう引き立ちますよ。

虫歯になりにくいチョコレートの食べ方

小さい頃から、いつも言われていたのは、チョコレートを食べ過ぎると虫歯になるということ。その理由はチョコレートには虫歯のもとになる砂糖がたくさん使われているからでしょう。ですが、ちょっとしたことに気をつければ虫歯を気にすることなく、チョコレートを食べることができますよ♪

長時間食べ続けない

虫歯菌によって溶けた歯を唾液が修復するまでには時間がかかります。なので、たとえ少しずつでも長い時間チョコレートを食べ続けていると修復作業が間に合わなくなり、結果、虫歯になってしまいます。一度にたくさん食べても、そのあとの時間を空けるほうが虫歯になる確率は低くなりますね。

歯磨きは念入りに

チョコレートを食べた後の歯磨きも忘れずに。やっぱりこれが一番重要です。どうしても歯磨きが出来ない時などは水やお茶などの飲み物で洗い流すことも何もしないよりは有効ですよ。

脳を活性化させるチョコレートの食べ方

チョコレートを食べると脳(頭)の働きがよくなるとされています。どんな食べ方が健康にいいのでしょう?

いつ食べればいいの?

試験や会議の1時間前に食べることをおすすめします。チョコレートには集中力や思考力を高め、その上、気持ちをリラックスさせる効果があります。量は板チョコレートの1/4から半分が適当です。また、疲労回復にも役立ちます。

どんなチョコレートがいいの?

エネルギーを補給したい時にはミルクチョコレート、カテキンやポリフェノールを摂りたいならビターチョコレートがいいでしょう。ただ、ミルクチョコレートはお腹が空いている時にたくさん食べると気持ちが悪くなることもあるので注意して下さい。

世界でのチョコレートの食べ方

お菓子として食べるほかに世界には、ちょっと変わったチョコレートの食べ方をしている国があるようです。日本ではあまり考えつかないユニークな食べ方を見ていきましょう。

メキシコ

メキシコには「モーレ」というカカオに唐辛子やシナモンなど多くのスパイスとトマトや玉ねぎなどの20種類以上もの材料を混ぜたソースがあります。鶏肉や七面鳥にそのソースをかけたものは、お祭りや結婚式の時に出される料理として有名です。チョコレート色をしているので甘い味を連想しますが、ほろ苦くてピリ辛の味です。

エクアドル

エクアドルでは、カカオは料理にも使われます。チョコレートソースは肉料理にかけたり、ディップ代わりにもなります。朝食にカカオジュースを飲んだり、パンにチョコレートジャムをつけるのも一般的です。チョコレートリゾットは、玉ねぎを油で炒めてから、米、カカオ、わいん、生クリームを入れて煮込んだもの。パルメザンチーズをかけて食べます。

ページの先頭へ
Copyright 2012 チョコレートメモ All Rights Reserved.