カカオの香りがイイ!集中力アップ!
Chocolate Memo
大好評の手作りチョコレシピ

材料の配合量で選ぶ

チョコレートには、様々な材料が使われていて、それらの材料の配合量によっても、いくつかの種類に分けられます。さて、どのように分類されているのでしょうか。日本と海外のチョコレートを比べてみても、ちょっとした違いがあったりします。

スポンサードリンク

クーベルチュールチョコレート

特に、カカオバターが多く含まれているものをクーベルチュールチョコレートと言います。一般的には、カカオ分の含有量35%以上のものを指しますが、そのうちカカオバターが31%以上含まれていることが基本になります。
製菓用のチョコレートをクーベルチュールチョコレートとも呼び、上記の規定のほか、“カカオバター以外の代用油脂は5%まで”という厳しい国際規格を見事にクリアした高品質のチョコレートなのです。

生チョコレート

やわらかな食感で人気の高い生チョコレートは、チョコレートに生クリームや洋酒などを練り込んで作られています。口に入れた瞬間に溶けてしまう、あのまろやかさの虜になっている人も多いのではないでしょうか。
この生チョコレートのもとになっているのは、トリュフなどの中身として使われているガナッシュです。
そのガナッシュに手を加えて、そのまま食べられるように作ったのが、生チョコレートになります。これは日本独特のもので、海外にはありません。

純チョコレート(ピュアチョコレート)

カカオ分としてカカオバターのみ、もしくはカカオマスとカカオバターのみを原料として作られているものを純チョコレート、またはピュアチョコレートと言います。純チョコレート/ピュアチョコレートという呼び名は、販売時のキャッチフレーズとして使われることが多いですね。


スポンサードリンク