カカオの香りがイイ!集中力アップ!
Chocolate Memo
大好評の手作りチョコレシピ

生チョコ

一口食べて、口の中にチョコレートの甘さが広がった瞬間、溶けてなくなってしまう生チョコ。滑らかな口当たりで、子供から大人まで多くの人に好まれています。ちょっとしたプレゼントにも、手作りの生チョコなんてお洒落ですよね♪日本独自のスイーツと言われている生チョコのレシピを紹介します!

スポンサードリンク

生チョコのレシピ

「生チョコなんて、初心者には作れない」「上級者向けでしょ」と思っている人もいるでしょう。ですが、ガナッシュの作り方さえ覚えてしまえば、あとは意外と簡単に作ることができるんですよ。美味しい生チョコを作って、とろける食感を楽しみましょう!

材料(16×22cmのバット1台分)


  • 板チョコレート:5枚
  • 生クリーム:110cc
  • ココアパウダー:適量

下準備


  • チョコレートを細かく刻んで、ボウルに入れておきます。
  • バットにオーブンシートを敷いておきます。

作り方


(1) 鍋に生クリームを入れて、中火にかけます。


(2) 沸騰直前になったら、チョコレートが入っているボウルに一気に注ぎ入れます。


(3) チョコレートがすっかり溶けてクリーム状になるまで、泡立て器でよく混ぜます。


(4) バットに滑らかになったチョコレートを流し、スプーンなどを使って表面を平らにしたあと、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めます。


(5) 冷蔵庫から出して、チョコレートをバットからはずします。


(6) 包丁をお湯で軽く温め、一口サイズに切り分けます。プレゼントする場合は、箱の大きさやあげる人数によって、切る大きさを変えると良いでしょう。


(7) バットにココアパウダーをふるい、チョコレートを入れます。やさしくバットをゆすり、さらに上からも軽くココアパウダーをふりかければ、生チョコの出来上がりです。


ちょっとアレンジ!

基本のレシピはチョコレートと生クリームを混ぜるだけですが、そこにハチミツを入れるとさらに風味よく美味しく仕上がります。また、ピューレ状にしたバナナを加えても良いですし、大人が食べるなら焼酎や日本酒、ワインといったアルコール類を加えた生チョコもお勧めです。ほかに、ホワイトチョコレートで作る生チョコも人気があるので、いつもと違う生チョコを作りたい人は、ぜひお試しください。

スポンサードリンク