カカオの香りがイイ!集中力アップ!
Chocolate Memo
大好評の手作りチョコレシピ

カンノーリ

青い空と青い海……南国ムード満点のイタリア・シチリア島にも、チョコレートを使った伝統的なスイーツがあります。チョコレートやリコッタチーズをたっぷりと使ったカンノーリは、古くから島の人々を中心に親しまれてきました。そんなイタリアのスイーツ、カンノーリについて紹介しましょう。

スポンサードリンク

『ゴッドファーザー』にも登場したスイーツ

イタリア

イタリアのスイーツと言えば、ティラミスを思い浮かべる人も多いと思いますが、現地でメジャーなお菓子の一つに、カンノーリが挙げられます。
シチリア島がロケ地の映画『ゴッドファーザー』にも、このスイーツが毎回登場し、「銃は置いていけ。カンノーリは持ってきてくれ」というセリフが有名になりました。


どんなスイーツ?

カンノール

円筒形の小麦粉で作った生地をサクッと揚げて、そこにチョコレートや濃厚なリコッタチーズなどを詰めたものです。
一口食べると、まずはサクサクと軽い食感の生地に感動!さらに、リコッタチーズの濃厚さの中にチョコレートの香りが際立ちます。
カンノーリはチーズのスイーツという印象ですが、チョコレートがとても良い働きをしてくれています。
このほか、リコッタチーズに混ぜる材料としては、ピスタチオやマルサラ酒というシチリア地方のお酒、オレンジピールやチェリーといった果物の砂糖漬けなども使われます。

カンノーリの起源は?

シチリア島では、イタリアを代表するスイーツとして子供から大人まで多くの人に好まれているカンノーリ。その誕生には、様々な説があります。紀元前70年代に、シチリア島に滞在していた古代ローマの政治家は、「粉状の管にすごく甘い牛乳の詰め物をした食べ物」という言葉を残したそうです。それがカンノーリのことなら、そんなに大昔から人々が食べていたということになりますね

謝肉祭で食べられていた季節料理

キリスト教の行事の一つに、復活祭(イースター)がありますが、これはキリストが死後によみがえったことを祝うものです。春分の日が終わり、最初の満月の次の日曜日に行われ、その前の40日間は肉を断たなければならない習慣があります。この復活祭が行われる前に、肉を食べてお祝いするのが謝肉祭というわけです。もともとは、このときに食べられていたものの一つがカンノーリと言われています。ですが、今では謝肉祭に関係なく、いつでも食べられるようになりました。

アメリカでもカンノーリが食べられる!

残念ながら、日本ではまだ知名度が低いカンノーリですが、本場イタリア以外では、アメリカでよく見かけます。アメリカでは、ニューヨークやボストンの一部の地域などに昔から、イタリア系移民が多く住んでいたためと言われています。 アメリカのカンノーリは、マスカルポーネチーズか、砂糖と牛乳、コンスターチを混ぜて作ったクリームを使い、クリームに入れるものも果物の砂糖漬けより、粒チョコレートを入れることが多いですね。また、外側の生地全体をチョコレートでコーティングしたカンノーリも人気です。

スポンサードリンク